Home > 書評 >沖縄不真面目文化論

沖縄のお笑い本 第2弾!
紙上ライブのはじまり、はじまり〜。

[ ひーぷー(真栄平仁) / 2018.07 ]

2018年07月発行
こきざみインディアン ほか 編著
沖縄時事出版 刊
四六判/ 186ページ
1,500円(税抜)
出版社のホームページへ

沖縄不真面目文化論

こきざみインディアン ほか 編著

『今どきウチナーグチ&ウギナーギャル語』に続く,沖縄のお笑い芸能プロダクションのタレントを著者とした書籍第2弾。

~まえがきより~

オリジン本、いよいよ第2弾です。

今回は、人気と実力をあわせ持つ、こきざみインディアンとリップサービスがメインの紙面構成になっています。 まさしくオリジンが誇るトップ2が、満を持して登場といってよいでしょう。

ちなみに、私も第1章に登場しています。オリジンの先輩として、いい味を出していると思いますよ(きっとね)。ご期待いただければ嬉しいです。

内容は、沖縄にまつわることを、こきざみインディアンの、さーねーともーりー、リップサービスの晋也と榎森が縦横無尽に語り尽くします。タイトル通り、沖縄の文化を不真面目に語ったり、真逆に真面目に語り合ったりします。ちょっと斜めからみている話もあります。 こきざみインディアン・リップサービス推しの方には、いだったりするでしょう。

またあまり、この2組を知らない読者の皆さまにとっては、沖縄の芸人って、こんなに面白いんだと思ってくれることでしょう。
いずれにしても、読者の皆さまを満足させること間違いありません。

じゃあ、どんなことを語ってるかって?それは読んでのお楽しみ! 目いっぱい笑って、納得して、面白がってください。

それでは、こきざみインディアンとリップサービスのハレの舞台の幕があきますよ。 紙上ライブのはじまり、はじまり~。

癒汰志駆!

このページの先頭に戻る